ドラッグストアや調剤薬局の薬剤師の給料はどのくらい?

薬剤師になるには大学で6年間学び国家試験に合格しなくてはなりません。薬剤師になるまで多くの知識を吸収し学ぶ必要があるのです。

大変な労力を経て薬剤師になった後はどのようなキャリアを歩むのか気になる人も多いのではないでしょうか。一番気になる薬剤師の年収・給料についてですが、平均年収は約500万円超と言われています。薬剤師と同じ士業である医師や歯科医師の方が年収は少し高くなっています。

薬剤師の年収を決定する要因は主に職場選びです。薬剤師の就職先にはドラッグストア・調剤薬局・病院・製薬会社があります。業種によって給料が大きく変わってくるのです。初任給だけを見ると最も給料が良いのがドラッグストアですが、生涯年収を見るのであれば大手の製薬会社の給料が最も良いと言えるでしょう。国公立病院も役職によっては製薬会社に匹敵する給料をもらうチャンスがあります。

まずドラッグストアですが、数ある薬剤師の就職先の中でも給料は安い部類に入るといえるでしょう。年収は400万円くらいからスタートして店長クラスになると年収600万円以上に昇給します。ドラッグストアは医薬品だけでなく日用品も販売する店舗であるため、レジ打ちや品出しなどの薬剤師とはあまり関係のない仕事を任されることも多くなります。

欧米のようにOTCの扱い品目が増えれば今後、薬剤師の知識が必要となる業務が増えることが予想されますが、現在は通常業務も含めて仕事を行う必要があります。近年に登録者販売制度ができたため、薬剤師以外でも指定された医薬品を販売できるようになり、薬剤師の地位が低下したことも業務に影響を与えています。また勤務時間も長いため、プライベートや子育てを重視する人は正社員として働くのは難しいでしょう。アルバイトやパートとして働くと時給1500円から時給2000円ほどになります。

次に薬剤師として働きやすい職場は調剤薬局になります。通常の薬剤師の年収はドラッグストアとそこまで遜色ありませんが、管理薬剤師や認定薬剤師、専門薬剤師になれば年収が600万円を超えることもあります。年収は薬局の規模や立地に左右されることが多く、特に地方の調剤薬局は人手不足のためか年収が高くもらえる傾向にあります。将来、薬局を開業したいと考える人が調剤薬局で修行を積むケースもよくあります。自分で薬局を開業する場合は年収も1000万円を超えることがほとんどです。

おススメ薬剤師求人




認知度日本最大級の薬剤師転職サイト「リクナビ薬剤師」。わずか60秒で無料登録することができます。
総求人数は350000件以上にものぼり、登録してから翌日までには平均5件の求人を紹介してくれます。
ただ登録するだけで自分好みの求人が出るまで待ち続けるのも問題ありません。
すぐに転職したい薬剤師さんには、最短3日で転職することも可能です。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

欲しい薬を置いていない薬局がある?

お薬を貰いましょう

NO IMAGE

薬剤師を志望する理由について

職場による薬剤師の年収の違いについて

病院や製薬会社、研究機関で働く薬剤師の給料はどのくらい?

風邪薬に用いられる生薬ってどんなものがあるの?