欲しい薬を置いていない薬局がある?

例えば、鎮痛剤で有名なロキソニン、病院で処方されたことがある人も多く、痛みにはロキソニンというのはよく知られているでしょう。ですが、ロキソニンが欲しい時、近所の薬局に行っても置いていないことがあります。「うちは置いていないんです。」と断られるかと思いますが、なぜ、ロキソニンを置いている薬局と置いていない薬局があるのでしょうか?ただ単に、家の近所の薬局は小さいから、大きい薬局に行かないと品ぞろえが悪いということでしょうか。その答えは、医薬品の区分に合ったのです。

医薬品は要指導医薬品、第一類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品と分類されています。ロキソニンは、第一類医薬品に分類されます。この第一類医薬品は、副作用など特に注意が必要な薬です。第一類医薬品は薬剤師にどのような症状で用いるのか相談の上、指導を受けなければ購入することができません。ですから、薬剤師のいる薬局でないと置いていない薬なのです。薬剤師のいる薬局は大きな薬局であることが多いので、なかなか地元の小さな薬局では手に入らないとことが多いでしょう。

しかも、第一類医薬品が置いてある薬局であっても、薬剤師が勤務している時間帯でないと購入できないので要注意です。薬剤師がいる時間がカウンターに書かれていますので、チェックしておくといいですね。購入の仕方は、薬剤師のいるカウンターで、薬の名前を告げると、カウンター奥から薬剤師の手によって取り出されます。商品棚には陳列されていないので、カウンターで直接相談するようにしましょうね。同じように第一類医薬品では胃痛や胃の不快感などで用いるガスターも有名ですね。

第一類医薬品と同様に薬剤師がいる薬局でないと買えない薬が要指導医薬品です。これは、まだ市場に出たばかりの新しい薬です。使用に十分注意が必要であることから、薬剤師の指導が必要とされています。テレビのCMで見て購入しようと思った時は、要指導医薬品であるかどうかを確かめてから薬局に出向くと良いでしょう。

第二類医薬品や第三類医薬品は、地元の小さな薬局でも購入することができます。車の酔い止め薬や漢方薬、オロナインなど自宅にいつでも常備していて、気軽に服用、使用できるような薬は第二類医薬品であることが多いです。

薬は効能がある分、副作用もあります。副作用をきちんと理解したうえで、用量、使用法を守って服用するようにしましょう。少しでも迷う、悩むことがあれば、薬剤師に相談すると安心です。上手に薬を活用していきましょう。

おススメ薬剤師求人




認知度日本最大級の薬剤師転職サイト「リクナビ薬剤師」。わずか60秒で無料登録することができます。
総求人数は350000件以上にものぼり、登録してから翌日までには平均5件の求人を紹介してくれます。
ただ登録するだけで自分好みの求人が出るまで待ち続けるのも問題ありません。
すぐに転職したい薬剤師さんには、最短3日で転職することも可能です。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

薬剤師を志望する理由について

ドラッグストアや調剤薬局の薬剤師の給料はどのくらい?

風邪薬に用いられる生薬ってどんなものがあるの?

薬を扱う薬局の変化に連動して、薬剤師の就職戦線も大きく変わります

実は英語力は重要な薬剤師

お薬を貰いましょう