職場による薬剤師の年収の違いについて

はじめに

薬剤師になりたいと思ったら専門の大学を卒業して国家試験を受けて資格を取得しなければなりません。

それだけなるのには難しいので普通のサラリーマンよりも年収は高いと言われています。
しかし薬剤師の仕事には様々な職場がありますので、全てが同じ年収とは限らないのです。

職場による薬剤師の年収の違いは以下の通りです。

病院勤務の場合

薬剤師が病院に勤務する場合新卒として採用されることが多く、始めのうちは平均年収は400万円程となります。

それでも他の企業の新卒よりは高いと言え、長く務める程年収がアップしていきます。大手の病院の場合は夜勤手当として年間で30万円前後の年収アップが望めます。

また、大学病院は勤続年数が長くなる程年収が上がっていくもので、平均年収は約600万円となります。

「薬局長」などの肩書が付くようになれば手当も厚くなっていきます。更に公立の大学病院では薬剤師も公務員資格が必要になることが多く、それだけに給与が高くなり平均年収は800万円となります。

病院勤務の薬剤師は経験が積めて多くのスキルを身に付けることができるので、新卒の時には年収部分だけではなく将来性で選ぶ人が多くなります。

調剤薬局勤務の場合

調剤薬局はその地域により給与に違いがあり、平均年収は400万円~600万円とかなり幅があります。

人手不足の地方にある調剤薬局に勤務すれば、10年も勤務すると年収約800万円にもなります。

大手チェーン店では基本給や昇給率が予め設定されていますので、中小の調剤薬局よりも年収が低くなる傾向があります。

調剤薬局に勤務するならば管理薬剤師を目指すか地方の薬局を探すと良いでしょう。

ドラッグストア勤務の場合

ドラッグストアの年収は始めから平均でも約400万円で、店長になると700万円以上になれる可能性もあります。

ドラッグストアは営業時間が長く、土日や祝日は休めない分、調剤薬局よりも優遇されていると言って良いでしょう。

大手企業のチェーン店であれば年収以外に福利厚生が充実していて雇用が安定しているというメリットがあります。

製薬会社勤務の場合

製薬会社は元々他の企業よりも給与が高いのですが、入社してしばらくは年収は約300万円というところが多くあります。

但し企業薬剤師は研究職ですので、資格を活かせば大幅な昇給が期待できます。一般の社員よりも昇給率が高くなり、平均で600万円~800万円、大手製薬会社や外資系企業では30代半ばで年収1000万円以上という人もいます。

おわりに

一般企業に勤めて年収500万円以上になるのは最近では中々難しいものです。薬剤師は努力次第でそれ以上稼げる職種ですので、資格を活かして大幅年収アップに繋げましょう。

未分類

Posted by diaket


PAGE TOP