実は英語力は重要な薬剤師

職種によっては、英語スキルなどがポイントになってきます。そのスキルが高い方々の方が、職場でも優遇される事が多い訳です。それで薬剤師にも、実はそのスキルが大きく関わってきます。

そもそも世間の数ある職種によっては、日常業務で英語を使う事はあるでしょう。例えば通訳という仕事なら、まず間違いなく英語は重要ポイントになります。その他にも英会話講師なども、当然英語スキルが求められるでしょう。

それで人々にとって身近な薬剤師という職業も、実は英語スキルとの密接な関連性があります。基本的には、一定レベル程度は英語力が求められると考えて良いでしょう。それには、主に2つの理由があります。

まず調剤薬局で働く薬剤師などは、少なからず英語力は求められるでしょう。なぜなら、処方せんに関する問題があるからです。医師による処方せんを判読する為には、まず間違いなく英語スキルは求められます。

そもそも薬の名称は、全般的に横文字が多いですね。英語表記の薬なども、数多く見られます。一度でも薬を処方された方々でしたら、何となくイメージできると思われます。

というのも現在日本に出回っている薬の大部分は、英語圏が関わっているのです。アメリカなどで開発された薬も、数多く見られます。それだけに、薬も英語表記になる事が多いです。

そして薬剤師という職業は、当然ながら薬に関する知識が求められます。薬を覚える必要がありますから、当然横文字に強くなければなりません。現に薬剤師として働く方々も、日常的に英語を勉強するケースも多々あるのです。

このような処方に関わる問題で、英語スキルが求められる訳です。それだけではありません。来店客に関する問題もあって、最近では英語スキルが求められる傾向があります。

ここ最近の傾向として、薬店などを利用する方々は、全般的に外国人が増えてきています。特に都心エリアなどでは、その傾向が顕著です。全体的に外国人の人数が増加傾向にあり、英会話が求められる事も多々あります。

例えば調剤薬局に、誰か外国人が来たとします。当然その方は、日本語を話せるとは限りません。そういう事例がて、最近は増えてきている訳です。

それで調剤薬局の薬剤師は、やはり接客要素もあります。多くの方々と接する以上は、どうしても英語で会話をする機会も増えてくるでしょう。つまり英語によるコミュニケーションの問題もあるので、最近の薬剤師は英語スキルが求められている訳です。

もちろん英語が使えなくても、薬剤師として働く事は可能です。現に薬剤師の求人でも、英語スキルが必須とは記載されていません。しかし上記のような事情がありますから、やはり英語が使える人材の方が、業界では活躍できるでしょう。”

未分類

Posted by diaket


PAGE TOP